CWシナリオ感想Blog 忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
2020/03/30 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/04/24 (Mon)
押忍!お前の物は俺のもの!俺のものは俺のもの!
一発ネタに近いですが、面白かったです。テンポが速すぎる感はありますが、いいツボを抑えてます。
このシナリオの中での冒険者達も面白すぎます。

家宅不法侵入に強盗傷害なストーリー。
初めて冒険者(自分)の方が退治されればいいと思いました。金貸しさんが哀れすぎる。

ほんとうにひどいぼうけんしゃたちですね。

しかし、ここまでやってもらえると逆に
清々しくて気持ちよかったです。
PR
2006/04/24 (Mon)
エンジン(ver.1.28)専用シナリオ。
新エンジンになってから追加された機能を上手く使った
ミニゲームシナリオ。

もぐら叩きの様な感じので、代わりに「ビホ」を叩いて得点を競っていくというものです。戦闘でもぐら叩きを表現するアイディアに脱帽。

作りがかなり凝っており、高得点を出すのが楽しいのでかなりはまりました。戦略を練るのが好きな人とかははまりそうです。

新エンジン発表から間もなく発表されたシナリオだったので、個人的にはSPCWの「新エンジンを体験」の
シナリオで紹介して欲しかったくらいでした。
2006/04/24 (Mon)
ストーリー重視のシリアスなシナリオ。内容的には物悲しい話です。架空の話でも仲間が死ぬってのは嫌なもんですね。ダンジョンの謎解きやストーリーなどは上手く作られています。もうちょい、画像の演出に力を入れるともっとよくなるだろうなぁ。勢いがあってよかったです。

最初はステップの話し方が気に入らなかったのですが、最後の方では気にならなくなりました。
2006/04/23 (Sun)
タイトルが椎名林檎っぽいなぁ~ってのが最初の感想。
なんか惹かれます。内容は「世にも奇妙な物語」に通じるものが。ちょっぴり奇妙だけど結果的にはいい話です。メイアーの過去が少しあきらかになったりします。こういう奇妙な感じの出ている話は好きです。ところであの男がメイアーの元彼ということでOK?

シリーズ全体の感想。
いい!すごくいい!そして北斗の拳ネタが多い。なんでだろう。異世界からこんにちはシナリオなんですが、現代からリューンへじゃなくて、超未来世界からリューンへってのがいいです。主人公に最強設定が付けられるわけですがこういうのは悪くない。意味もなく強いんじゃなくて、強いのは武器ってのがありますから。

その分、いつか弾丸が無くなって役立たずに成り下がるシナリオができるんじゃないかと不安。バッテリーとかどうやって補充してんだろ?太陽発電?その時までにきちんとした冒険者として育ってるといいな。きちんと故郷に帰れるのかが楽しみです。

別れた仲間たちは今頃どうなっているのか。メイアーはどうするんだとか。一作、一作がとても長いのでやり応えがあります。悲しいお話だったり、不思議だったり、ほんわかだったり。短編もいいけど長編もやっぱりいい。やり終えたあとの充実感がきもちいい。欠点はストーリーの展開が気になって途中でやめられない&セーブさせて。

2006/04/23 (Sun)
幼女を拾ってくる主人公。主人公が拾ってきた幼女ばっかりを構うもんだから、それにちょっぴり妬きもちやいてっるっぽいメイアーを見て楽しむシナリオ(半分くらいそれ)

このシナリオのいいところは生活周りをきちんと描いていることだと。例えば医者の存在やその状況、市警の存在とかいろいろ。前作以前などで出た登場人物がぞくぞく出てくるのでシリーズ好きな人はニヤリ。個人的には幼女にきかせた童話の中に永遠の命の話が出てきてニヤリ。小ネタが聞いてます。

ストーリーについてなのですが、幼女の正体を知った時の主人公のあっさりな決断に驚きました。こいつの中じゃ、化け物/人間の線引きがかなりはっきりしているようで。もうちょっと悩んで欲しかった。このあっさりさんめ。しかし、アサルトライフルとヘルメットは便利ですね。
prevnext
忍者ブログ[PR]