CWシナリオ感想Blog 忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
2020/03/30 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/04/23 (Sun)
第6弾。メイアーと化け物退治の依頼を受けて出かけます。未来武器のあのピピピって鳴る音好きなんですよね~。なんかカッコイイから。

このシナリオの見所は……やっぱり主人公とメイアーのかけあい。もうね、少女漫画見てる感じですよ(私だけ?)「メイアー、俺(主人公)のこと好きなんだろ?」と画面外がらチャチャ入れたり。

え~っと…ストーリーはシリアスな雰囲気なのにいきなりギャグになったりしてプレイして心配になりました。神様、それでいいんですか?5人の魔法使いは長いこと生きているわりにはお茶目な部分が残っていたりして姿はえぐいけど好感を持ちました。今後も出てくるのかな?
PR
2006/04/23 (Sun)
"短いお話"と書いておきながら、シナリオの内容は全く短くない。"短いお話"が3つ詰まったオムニバスシナリオといった方がいいかも。私は全ての話を読み終わるのに1時間くらいかかりました。

3人の冒険者(自PC)が自分の過去を思い出す所から話は始まるのですが、個々の話が独特でとても面白かったです。次の話が読みたくて、どんどんクリックしていきました。私が一番、気に入った話は家の話で、家に惹きつけられ何度も行ってしまう冒険者を見ていてハラハラしました。自分に置き換えて考えると、あの状況は怖い!何度も行くんじゃないよと画面の外から突っ込んでました。

欠点としてはクリックしていくだけのシナリオなので、話を一度読み始めると途中で止められない事です。
でも、一話一話は20分くらいなので指がつるという事はありませんでした。あと私は『今度の奴らは群で来る』をプレイした事は無かったのですが、問題なく受け入れる事ができました。

2006/04/23 (Sun)
シリーズ第4弾。おなじみのメイアーと二人で依頼を受けます。便利な未来武器がバンバン使われる。
これもかなり時間がかかります。
2006/04/23 (Sun)
トーベルシリーズ第2弾。他のシリーズ作から先にプレイしたのでこの話の短さには驚きました。ほら、他のって一時間はかかる長編ばかりだから。

「砂ぼうず」が話のモデルらしいです。この漫画は私も好き。
内容はマルチエンディング式。主人公の性格が他のシリーズの時と性格が変わってます。なんだか酷い感じに。見所はエンディングAのメイアーと主人公との雑談。あれがよかった。
2006/04/23 (Sun)
主人公のPCに独自の設定が付けられるトーベルシリーズ第一作。内容はプロローグ編といった感じ。

科学の発達した全く違う世界から主人公がリューンがある魔法の世界に飛ばされてくるまでを描いてます。何気にミニゲームが難しかった。これをプレイしたのが他のシリーズをプレイした後だったので、あとからこういう話なんだぁ…と納得したとかなんとか。非常に長いですが、じっくりとその世界での仲間、生活、戦いなどを描いているのでわかりやすく面白いです。このシリーズはSFになるんかな。
prevnext
忍者ブログ[PR]