CWシナリオ感想Blog 忍者ブログ
2020/03/30 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/04/28 (Fri)
男性冒険者一人専用シナリオ。ひたすら(会話の)キャッチボールをしていくシナリオ。

勝手に癒し系親父シナリオと認識しています。何が良いって親父とほのぼのできる所が最高です。なんというか、「熱い夏の日に親父とキャッチボールしたっけ」と大人になってから思い出すような少年の頃の記憶の様な甘酸っぱさがあります。長いけどそんな感じです。ノスタルジーとでもいうのか・・・。

年齢によって会話パターンが異なるのでいろいろ楽しめます。オススメは若者×親父、老人×親父。
PR
2006/04/28 (Fri)
一人専用シナリオ。
聖夜と名のつくシナリオなのでサンタが出てくるとか、
ラブラブになるヤツとか勝手に思ってました。
オリジナルの設定が付いてきますが、
すんなりと受け入れ楽しめました。

ストーリーは人情モノで、宿の亭主がなんだか優しい。
このシナリオは粗野なイメージの冒険者にぴったりだと思います。ストーリーの方はいくつか分岐もあって何度かプレイし直しました。私が一番気に入ったのは仲間が助けにきてくれるルートです。仲間の優しさにじーんときました。
HOME
忍者ブログ[PR]